ウーマン

新しい本の形とは

印刷

最近よく聞く自炊代行というものがありますが、これはどのようことかといいますと、自分が持っている小説などの書籍をスキャナや裁断機を使用して電子書籍化する作業を、業者が代わりに行なってくれるというものです。この自炊という言葉は、自ら吸い込む、を短くしたネットスラングからきたもので、スマートフォンやタブレット型PCなどを持つ人が多くなってから、多くの人が使うようになりました。この自炊を行なうメリットは、本のスペースをとらないということです。本には様々なサイズなものがあり、それらを収納するために広いスペースを用意しないといけません。それを避けるために持っている本を手放さなければなりませんが、中にはまた読むかもしれないから売りたくないという人もいます。そういった人にこの自炊がおすすめです。これならパソコンなどに大量に保存することができ、大量のデータの中から簡単に検索することができるので非常に便利です。この自炊を代わりに行なう自炊代行サービスが人気で、電子書籍化する作業を全て行なってくれます。これなら自炊に必要な器具を揃える必要ありませんし、電子書籍化にかかる時間と手間をなくすことができます。自炊代行業者に依頼するときは、電子書籍化したい本をその業者に送り、そのデータをCD-ROMに焼いて渡すか、パソコンにデータをダウンロードして渡しています。このようなメリットがあるということで、多くの人が自炊代行業者を利用していますので、興味があるという人はネットにある自炊のメリットなどの詳しい情報を調べてから依頼してください。